郡山市富久山地区観光観光協会郡山市富久山地区観光観光協会


TOP > SPRING

地元の人のみぞ知る?隠れお花見スポット!

富久山町は大変広いまちで、春になるとあちらこちらで桜の頼りが届きます。
お気に入りの桜の名勝がそれぞれあるはず、そんな中でも
富久山町を代表する桜の名勝をご紹介いたします。

DSC_1674_01_.jpg

宝沢沼の桜

 宝沢沼は、江戸時代に会津藩主の蒲生秀行が、寛永4年(1628)に領民の請願により、宝沢沼の堤防工事に着手し、同年加藤嘉明が四国より移封された加藤嘉明に引き継がれ、寛永6年(1630年)完成しました。
 幅22m、長さ240mの堤防(写真手前)で、周囲約4kmの沼が出来、福原村民が沼の北に水神宮を、南に恵比寿の宮を建て、旧暦の7月20日にはこの土手の上で笛、太鼓を鳴らし踊ったそうです。
 現在は沼の周囲が郡山市により、「一周ふれあい小路コース」として整備され、休憩用の東屋も出来ています。富久山町福原の宝沢ニュータウン内に面する「宝沢沼」の桜。近隣には市立明健小学校や明健中学校、宝沢ゴルフビレッジ等が隣接して、とてものどかで閑静な住宅街に位置しております。沼の周りは、ランニングやお散歩のコースとしても大変人気の高いスポットです。

DSC_1654_01_.jpg



DSC_1628_01_3.jpg

逢瀬川の桜並木

 逢瀬川は、かつて水遊びが出来るような清流でした。しかし高度経済成長期の住宅街の急激な広がりに下水道の整備が進まず、さらに不法投棄などの増加により日本でも屈指の水質汚濁の激しい河川となってしまいました。
 このような状況の中、時を経て日本国内に環境に対する意識が芽生えると、徐々に清掃活動を支援する市民が現れ、この川を管轄する福島県県中建設事務所内でも有志による川ざらい活動(胴長軍団)が行われ、現在では、ふるさとの川整備事業により護岸が親水公園として整備されるなど豊かな自然を取り戻しています。
 そんな国道4号線から西側に見える桜並木は毎年見事な景色です。国道の橋下の逢瀬川を散歩がてら歩く事も出来るので、ぜひゆっくり桜並木を満喫してみてください。

DSC_1638_01_2.jpg



歴史を探る歴史を探る

神社を訪ねる神社を訪ねる